DMM英会話を受けてみた!教材・レッスンレビュー

CMでも話題のDMM英会話
無料体験を受けてみましたのでレビューします。

【基本情報】

矢作さんのCMでもお馴染み。最大手でありながら最安レベル。教材を用意する必要がないことや、ネイティブを含む多くの国籍の英語を学べることが特徴。

  • PCでもスマホでも。独自アプリで手軽
  • 日常会話からTOEFL/ IELTS/TOEIC対策まで幅広いクラス
  • ネイティブを含む108か国以上の在籍、在宅勤務
  • 教材無料、脳科学的単語学習iKnowアプリ無料
  • 24時間365日
  • 月額5,980円(毎日)※ネイティブを含む場合は15,800円
  • 1レッスン25分
  • 無料体験2回

【予約】予約のしやすさはバッチリ。検索も◎

他の英会話サービスに比べて、予約時間帯も講師の特徴の選び方が幅広いです。

講師陣がフィリピン人だけでないこともあり、ほぼ24時間対応なので、夜勤などシフト時間に働いている方にも受けやすい。

また、どの時間で見てもこの時間は誰も予約できないということはないです。講師を選ばなければ必ず取れるというのも大きな魅力です。

【講師の質】国籍などバラエティに飛んでおり選択肢が広い。ネイティブ講師もかなりいる!

ノンネイティブでは、日本人、セルビア人、ボスニアヘルツェゴビナ人など、国籍がバラエティに飛んでい流のが大きな特徴です。

講師から話を聞いていると、「給与水準が低いので、子供の頃から英語を身につけて将来は外国に出たい」「第二言語が英語」などの理由で英語が話せるそうです。
必死感からなのか、ノンネイティブであっても英語の質はとても高かったです。また、ニコニコしている方が多いです。

ネイティブ講師も、アメリカ、カナダ、イギリス、南アフリカなどかなりの数がいます。(無料体験では受講できないようです)

レアジョブに比べると講師によって進め方にばらつきがある印象ですが、講師は★の数やレビューを見て選ぶことができるので、講師との相性や質も必然的に上がっている印象があります。

【教材】オリジナル教材など充実

レッスンの前にオリジナル教材などを選ぶことが可能です。

キッズ英語からビジネス、デイリーニュースなどバラエティに富んだ内容を受講できます。

希望を言わない場合の進め方は、

自己紹介→ボキャブラリー→文章朗読(発音)→質問→内容についてディスカッション

という流れになります。もちろん自己紹介をしたくないなど希望を言えば自由に変えてくれます。

また脳科学に基づいた単語学習アプリであるiKnowという単語学習アプリが無料で使えるのもDMM英会話のメリットです。

【システムの使いやすさ】Skypeからブラウザ上の独自アプリに移行!使いやすい

なぜかSkype IDを入力する必要はありますが、最近、独自アプリ(ブラウザ上)に移行しています。

時間になったらポチッと押すだけで入ることができ、教材もそこで選べるのでシステムとしては使いやすいと思います。

感想&まとめ

オンライン英会話では珍しいネイティブ講師を多く採用(値段は上がる)。さらに、ノンネイティブの国籍も様々で、講師の口コミを見てから選べるので、コミュニケーションを楽しみながら英会話をしたい方におすすめだと思います。

英語表現を増やすという意味で、私は脳科学英単語アプリiKnowを気に入って使っていたことがあるので、他と同程度の価格帯ながらこちらが使い放題なのも魅力です。

DMM英会話の無料体験はこちらから

コメント