アパートと電気会社の解約

アパートは契約が切れる2ヶ月前にMove outの書類を出せとのことだったので(数日前に、契約更新してね♪っていう家の前に手紙が落ちていた)、11月1日に家賃のチェックを渡すときに行ってきました。
12月10日までしかいないのに、やっぱり12月31日までお金は払わなくては行けないようです(当然か?)

書類はとてもシンプルで、実家の住所書いたり、サインしたりするだけでした。
(最初はあんなに大変だったのになぁ。。)
セキュリティデポジットの分は、日本の実家にチェックを送ってくれるそうです。800ドルくらい取られたけどいくら返ってくるんだろう。そもそも、本当に日本まで送ってくれるのかちょっと心配だし、米のチェックが来てもどうしようって感じだけど…。
まぁ、チェックは日本でも換金してくれるし(手数料が高いらしい)、またアメリカに来る機会はたくさんあるから大丈夫かなと思うけど(銀行は残すことにした)、小切手は半年くらいの有効期限があるようなのでやっぱり心配だぁ。

電気会社の方も結構大変でしたが、同じくデポジットをチェックを日本まで送ってくれることに。こちらは300ドルくらいだったかなぁ。
もともとE-billといってインターネットで決済していたので、最後の月の分のお金も問題はなさそう。
でも、日本の住所を電話越しに伝えるのがものすごぉぉく難しくて、こちらも本当に届くか心配です(汗)

でも、とりあえずメインのライフラインの解約は大丈夫かな~。

帰国準備
スポンサーリンク
sorlab

コメント