ごみの分別

ヒューストンではごみの分別を全くやらない。
ペットボトルも、紙も、缶も、生ゴミも、ビニールも全部一緒。

日本が必死で環境問題に取り組んでるのに….!!! と思っていたら、実は、「ごみ分別の仕事」というのがあるらしいです。

大きいところに全部ぶちまけて、その中からペットボトル、缶、燃やせるゴミ、使えるゴミ…とかに分けるらしいです。そういえば、次のアパートでもTrash feeというのを取られます。

う~ん。ごみ分別し始めたら、その人たちの仕事が無くなっちゃうんだな。難しい。
アメリカは不思議な国です。

異文化
スポンサーリンク
sorlab

コメント