砂利とコンクリートの上にリアル人工芝DIY。子どもが転んでも平気!

夏のプールへ向けて、庭の砂利とベランダのコンクリート(タイル)の上に人工芝を敷きました!

ホームセンターで見ていたのですが、いまいち人工ですという感じが否めなかったので躊躇していたのですが、ネットで幾つかサンプルを取り寄せてみると「リアル人工芝」というジャンルがあることを知りました。

実際の写真ですが、かなり本物っぽいです。

数あるメーカーの中で、我が家では以下の点でユメカインテリアさんから購入!

  • 子どもが裸足で走っても大丈夫な芝の密度や長さ
  • 赤ちゃんがハイハイしたり立っちして転んでも平気
  • コンクリや砂利の上にも置ける
  • きちんと水捌けする
  • 継ぎ目を少なくするため幅が2m
  • 安全性が高く、FIFAの芝を作ったこともある工場
  • 納期が早い
  • 玄関先まで運んでくれる(実際は運搬の方がご好意で庭まで運んでくれました)
  • 秋色があるもの(夏色は真夏以外馴染まない感じがするので)

こんな感じでロールで届くので、砂利とコンクリートの上に敷いています。
(めっちゃ重かった…大人2人でやった方がいいです…)

少し砂利の凹凸を感じるので、砂利の方はなるべくフラットにしてから敷くのがポイントです。

ちなみに地面に刺すU字ピンがついてきましたが、かなり重いので飛ぶことはなさそうなのでうちは使っていません。

不要な部分はハサミかカッターで簡単に切れました。

着いたばかりは芝が少し寝ていたのですがしばらく逆方向に靴下でスリスリしていたら立ち上がってきます。(モップとかでやってもいいと思います。)

継ぎ目は若干目立ちますね。。

ちなみにハイハイとギリギリ立っちができる赤ちゃんとよく庭で遊んでいます。

最初はレジャーシートをひいていたのですが、だんだんそのまま動き回るようになり、、

意図的にではないのですが、間に合わず何度か見事に立っち→こてんをして頭をぶつけてくれていますが、泣かなかったので、それなりにクッション性はあるのかなと思っています。

ライフ
sorlab

コメント