引っ越し:いろいろの解約

○アパート
depositの返金が部屋をきれいにすると増えるという噂?により部屋を片付けた後掃除をして出る。早朝出発だったので家の鍵やメインゲートのカードキーはアパート内のOfficeのポストへ。

○銀行、クレジットカード
解約はしないことにした。電話で日本の住所(実家)を伝えた上で、unlimited termで日本に戻るのでカードの使用が減ると思うがFreezeしないようにお願いする。
ちなみに同じ銀行のカードと思っていたのに、銀行とクレジット会社と別々に電話する必要があった。
Checking Accountは1500ドル以上入れていれば口座手数料がかからないとのことだったので、とりあえず4000ドル程度は入れたままにした。

○家の保険
インターネットからキャンセル可能。

○車の保険
電話したところFAXを送れとのことだったのでFAXでキャンセル。
その後も何度か自動的に引き落とされる旨の郵便が来ていたが、FAXは受け取ったので期日にキャンセルされるとのこと。

○車の個人売買(registration、所有移動)
サイン済みの自分のTitleを買い手に渡す。
車の売買の証明書をオンラインで印刷して 灰色の部分を売り手が書いてサイン。
買い手はTitleと証明書を持ってTAX officeへ行ってregistrationを行う。売買価格の数%のTAXを取られるらしい。
売り手は自分が売った日から車の所有者でないことを示す書類をVehicle registrationへ郵送。
License plate(ナンバープレート)を外して渡す。(外さなくても良かったらしい。外した場合、買った人が新しいナンバープレートを得るまでの間に、車を移動するためにオンラインで5日くらい有効の許可証が印刷できる)

○comcast(インターネット)
モデムを返しに最寄りのcomcastへ。モデム返却と同時に最初に払っていたdepositを郵送する住所を伝える。Internationalは不可とのことなので、ラボに送ってもらうことに。

○AAA
メールでOK。1年契約だったが、カードをdestroyする条件で残りの半年分はクレジットカードにRefundされるらしい。

○TXU energy
deposit 300ドルは郵便のみ。日本へも可らしいが、ラボに送ってもらうことにした。
電話でcloseの日を伝え、送ってもらう住所はメールで送った。

○U-hall
引っ越しのためにトラックを予約。

帰国準備
スポンサーリンク
sorlab

コメント